ホーム > Q&A

Q&A

Q21: インプラントは、失敗もあるしこわいと聞いたことがあります。大丈夫でしょうか?

世界数百万人に臨床実績のある治療です。正確な診査・診断と丁寧な手術が患者さんのQOLを支えています。再治療の余地が広いのもインプラントの特徴です。

※参考書籍 「nico 2007.2 クインテッセンス出版株式会社」

Q22: 58歳です。部分入れ歯の痛みが悩みです。インプラントにとても興味があるのですが治療費が高いし手術もあるし…。でもこの先ずっとこのままではつらいです。

それなら、最小限のインプラントを使った小さな治療をしてみたらどうでしょう?部分入れ歯が沈んだり動いたりしないよう、1本支えを造るだけでずいぶん快適になります。

※参考書籍 「nico 2010.3 クインテッセンス出版株式会社」

Q23: インプラントにしたいです。でも将来年とって自分で掃除できなくなったらどうなっちゃうんでしょうか。入れ歯で我慢すべきなのか、迷います。

将来、インプラントはそのまま使い上部構造のパーツだけを取替えて、総入れ歯との組み合わせに変更することもできます。着脱式なら介護のかたのケアもラクです。

※参考書籍 「nico 2010.3 クインテッセンス出版株式会社」

Q24: インプラント手術の後はひどく痛みますか?

手術中は麻酔をしますので痛みはありません。手術後1日くらいは軽く痛みが出ることがありますが、ふつうは腫れも1~2日でひきます。親知らずなどを抜いた痛みよりも軽いくらいです。手術に対して強い恐怖心をお持ちの場合には、麻酔科医による鎮静下で手術を受けることも可能です。

【術後注意事項】
 ・舌でさわらない
 ・うがいは最小限(手術当日のみ)
 ・ハブラシを当てない
 ・お酒、お風呂の長湯、激しい運動は控えてください。
 ・処方された薬は必ず飲んで下さい。

※参考書籍 「nico 2007.2 クインテッセンス出版株式会社」

Q25: インプラント手術後、結合しなかったらどうなりますか?

的確な診査・診断の治療であれば、失敗したとしても早期に対応することで再治療は十分に可能です。その際、インプラントは外さなくてはなりませんが、歯槽骨の穴は数ヶ月でもとどおりに回復します。それを待てば問題なく再治療をすることができます。一方、患者さんは歯の清掃など、歯科医院との約束事を守っていただくようお願いします

※参考書籍 「nico 2007.2 クインテッセンス出版株式会社」

Q26: インプラントの手術は全身麻酔で行うのですか?

インプラントの手術は、通常は「局所麻酔」という歯肉の部分だけの麻酔で行います。

河口

Q27: インプラントの手術には、入院が必要ですか?

当院で行う手術には、入院は必要ありません。
手術後2、3日は安静にして頂いた方が治りは良くなります。

河口

Q28: 将来寝たきりになってもインプラントは大丈夫ですか?

インプラントのような人工歯根は、周囲の骨への炎症が少ないため健康状態は保たれやすく、1週間に2、3回程度、介護の方に清掃していただくだけで問題ないと考えています。
現在は訪問歯科によるお口のケアを受けることもできます
また、年齢によりお口が変化した場合、ブリッジを延長したり、総入れ歯をインプラントで固定するなど、パーツを変えることで応用が効くのもインプラントの特徴です。

※参考書籍 「nico 2007.2 クインテッセンス出版株式会社」

Q29: 治療費の見積もりはいくらですか?

当医院では、診査料4万円+インプラント1本当たり30万円+その上に入れる被せ物または入れ歯の料金となっています。

※参考書籍 「nico 2007.2 クインテッセンス出版株式会社」

Q30: 治療期間はどれくらいですか?

骨の増成が必要ない場合、3~4ヶ月は必要です

※参考書籍 「nico 2007.2 クインテッセンス出版株式会社」

3 / 512345