ホーム > インプラント治療の流れ

インプラント治療の流れ

ステップ1:初診

ステップ1:初診

ステップ1:初診

インプラント治療の概要や治療の流れ、治療期間・費用などについて、詳しくご説明します。

ステップ2:検査

ステップ2:検査

ステップ2:検査

病歴健康状態に関する問診口の中の検査レントゲン撮影歯型の採取を行います。

ステップ3:診断

ステップ3:診断

ステップ3:診断

ステップ2の検査により、インプラント治療が患者様に適していると診断されれば、手術前の準備と移ります。
検査結果を元に治療方針治療計画を決定し、詳しくご説明いたします。

※虫歯や歯周病の治療が必要な場合は、インプラント治療より優先されます。

ステップ4:手術

ステップ4:手術

ステップ4:手術

外科処置によって顎の骨にインプラント
埋め込みます。
インプラント体が安定した3~6ヵ月後、埋め込んだインプラントに人工の歯を連結するためのパーツを取り付けます。
(小外科処置を伴います)

インプラント手術に関する詳しい流れはこちらから

ステップ5:人工歯の製作

ステップ5:人工歯の製作

ステップ5:人工歯の製作

残った歯や噛む機能の回復を考慮して、技工士が患者様だけの人工の歯をカスタムメイドで製作します。

完成

完成

人工の歯インプラントに連結して治療は完了となります。

メンテナンス

メンテナンス

治療後は、正しいホームケアを行うとともに、定期的なプロフェッショナルケア(歯科医院でのメンテナンス)が大切です。

インプラント自体は金属製ですので虫歯にはなりませんが、お手入れが悪いと「インプラント周囲炎」といった歯周病に近い腫れを引き起こす可能性があります。そうならないためにも、3か月に1回のメンテナンスが必要です。