ホーム > 治療方針

治療方針

不安に思っている方へ

ここ数年で日本の歯科でもインプラント治療が浸透してきました。
新たな治療方法の一つとして、飛躍的に進化しています。
多くの人に認知されてきている一方で、インプラント治療の失敗について心配する方もいらっしゃると思います。

例えば・・・

  1. インプラント埋入後2、3週間で抜けてしまった
  2. 歯周病で抜けてしまった
  3. 人工歯が欠けてしまった
  4. 痛みがとれない

などのようなトラブルを聞きます。
骨が十分に結合していなかった、施術後の口腔ケアが不十分なためであったという原因が多いです。
失敗しないためには、私たち歯科医が診査・診断をしっかり実施し、適切に処置することが必須であると同時に、患者さんもメインテナンス(定期検診)に来ていただきご自身のお口の中をしっかりケアすることが大切となってきます。

加藤歯科医院では、インプラント治療前にCTで解析し、詳細な画像診断を実施しています。CTで撮影した画像を元に、骨の状態を確認し、インプラントを埋める位置をシミュレーションします。これにより失敗のリスクを減らすことができます。
さらに矯正、歯周外科などインプラント以外の分野の治療も幅広く手がけていますので、他分野からのアプローチ・サポートも可能です。
もしトラブルがあった場合は、九州歯科大学の麻酔科に診てもらえるように協力提携しています。

※加藤歯科医院では、即時埋入・即時負荷、フラップレスなどは症例によっては適用することがありますが、積極的には行っていません。

セカンドオピニオン実施

他の歯科医院に診療情報を提供することができます。また、他の歯科医院での診療についてのご相談に応じます。