ホーム > 費用について

インプラント価格表

インプラント治療は、自由診療扱い(自費)となっていますので、保険が適用されません。実際の治療費はインプラントの種類や本数、被せる人工の歯の材質などによって異なります。詳細は加藤歯科医院までお問い合わせください。

インプラント費用内訳

診査・診断料(CT撮影・解析料含む)⇒¥40,000(税抜)
インプラント1本あたり⇒¥300,000(税抜)
※術前・術中・術後のCT撮影を含みます。
※2本目以降の場合も1本につき¥300,000(税抜)となります。

インプラント1本あたり¥300,000の内訳
インプラント埋入

(各種ガイド用ステント代含む)
¥120,000(税抜)
頭出し・歯周外科処置料 ¥50,000(税抜)
TEK(仮歯)

(個人トレーによるimp、set)
¥80,000(税抜)
アバットメント

(個人トレーによるimp、set)
¥50,000(税抜)
※上部補綴物については、別途費用が必要となります。
その他
1.歯磨き粉
¥1,260(税抜)
2.歯ブラシ
¥1,260(税抜)
3.EO水
専用ボトルをお渡しします。
4.薬代
抗生剤・消炎剤・痛み止めなど

 

(価格に消費税は含まれておりませんので、ご了承下さい。)

※何かご不明な点などございましたらお気軽に加藤歯科医院スタッフまでお尋ねください。

 

インプラント治療前の治療価格表

インプラント治療前の治療価格表

1.GBR法(骨再生誘導療法)

人工膜を使って失われた歯槽骨を再生します

加齢や歯周病で歯槽骨(歯を支えているあごの骨)が失われていると、インプラントを埋めるのに必要な骨量や骨幅が足りないことがあります。このようなとき人工の膜で失われた歯槽骨部分を覆い、スペースを作って歯槽骨の再生を促す処置『骨再生療法』を行います。

GBRの手順

  1. 歯肉を開く

    GBR手順1
  2. 骨が不足している部分に自家骨もしくは、骨補填材を置きメンブレンをピンで止める

    GBR手順2
  3. 約4~6ヶ月で歯槽骨が再生され、メンブレンを除去します

    GBR手順3

『メンブレン』とは……

  • 天然コラーゲンを主成分とする生体に害のない人工の膜です。
  • 非吸収性タイプのメンブレン … 縫合する前に除去します。
  • 吸収性タイプのメンブレン …… 体に自然と吸収されてなくなります。

治療費用 ¥100,000(税抜)~

治療期間 6ヶ月~

2. サイナスリフト(上顎洞底挙上術)

上顎の骨の厚みを増やす方法

上顎の奥歯部分のインプラント治療では、上顎の骨の厚み(高さ)が不足しているためにインプラントを埋めることができないケースがあります。このような場合は、不足している骨を補うために上顎の歯肉を切開し、上顎洞に人工骨や自分の骨を埋め込み、インプラントを埋入できるようサイナスリフトという治療を行います。高度な技術と経験が必要です。

顎の骨に厚みがある正常な状態

顎の骨に厚みがある正常な状態

奥歯が失われ顎の骨が薄くなった状態(術前)

サイナスリフト前

下矢印サイナスリフト

手術で上顎の骨の厚みが増した状態(術後)

サイナスリフト後

サイナスリフトラテラルウインドウ法

治療費用 ¥200,000(税抜)~

治療期間 6ヶ月~

サイナスリフトオステオトーム法

治療費用 ¥100,000(税抜)~

治療期間 6ヶ月~

 

医療費控除について

医療費控除について

自分自身や家族のために支払った1年間の医療費総額が10万円を超えた場合、確定申告をすれば所得控除(税金の環付)を受けることができる制度です。

申告の際に医療費を支払った時の領収書や交通費の支払いメモが必要になります。面倒がらず、きちんと保管しておきましょう。

 

医療費控除手続きのポイント

  1. その年1年(1/1~12/31)分の医療費控除は、翌年2/16~3/15の確定申告時に行います。
  2. 医療費控除を受けるためには、その支払いを証明する領収書等を確定申告書に添付するか提示することが必要です。
    交通費は、氏名・理由・日付・利用交通機関を明記したメモを使います。
  3. ご家族の場合、所得の多い方が医療費控除を申請することで還付額が多くなります。
    万が一、申請し忘れたり制度を知らなかったりした場合でも、5年以内であれば遡って申請ができます。
  4. 医療控除額は以下のようにして決定されます。

    〔その年中に支払った医療費〕 - 〔保険金などで補填される金額〕 = 〔A〕

    〔A〕 - 〔10万円または所得金額の5%、どちらか少ない金額〕 = 医療費控除額

 

医療費控除の対象は…

  • 歯科医師に支払った診察費または治療費
  • 治療または療養のために必要な医薬品の購入費など
  • 通院費や医療用器具等の購入代や賃借料など通常必要なもの
  • 診察や治療を受けるために直接必要な義歯などの購入費

 

歯科治療での具体例は…

医療費控除が使える場合

  • 不正咬合の歯列矯正、インプラント治療、骨造成=エムドゲインや骨移植などの保険外治療
  • 歯周病予防のクリーニング(PMTC)
  • クラウンや義歯など
  • 公共交通機関(タクシーを含む)を利用したときの交通費

医療費控除の対象外となる場合

  • 審美を目的としたホワイトニングや歯列矯正治療
  • 歯周病治療のための電動歯ブラシや口腔洗浄器の購入
  • 自家用車で通院したときのガソリン代や駐車場料金