ホーム > インプラント治療とは

歯科インプラントとは

インプラントインプラント

インプラントとは、歯の抜けた部分の歯ぐきの中の骨に人工歯根を埋め込んで、その上に人工の歯を装着する一連の治療を言います。
埋め込む場所や条件によって、さまざまなバリエーションがありますので、当医院にお尋ねください。

 

歯を失った場合、4つの治療方法があります。

  1. 両隣の歯を削る「ブリッジ」
  2. 取り外しできる「入れ歯」
  3. 人工の歯根を埋め込む「インプラント」
  4. 自身の歯を活用する「移植」

一番はご自身の歯をそのまま使える「移植」でしょう。しかし、口腔内の状態により、移植できない方もいらっしゃいます。(移植には保険適用と保険適用外のものがあります。)

インプラントをブリッジ、入れ歯と比べたメリットデメリットについてご紹介します。治療前にメリットだけでなく、デメリットも正しく把握しておきましょう。

インプラントのメリット

インプラントのメリット

失われた部分に人工の歯根(インプラント)を植え込み、その上に修復物を装着しあごの骨に直接固定することで噛む振動がそのまま骨に伝わり、天然歯で噛んだときと同じような噛み心地が得られます。

また見た目も自然で、ほとんど治療したことがわかりません。

そのため「まるで本当の自分の歯のよう!」と喜ばれています。

メリット1

メリット1

歯が1本抜けている場合、従来は両隣の歯を削り「ブリッジ」にする治療法が取られていました。
インプラント治療は、抜けた部分にインプラントを埋め込むので、他の歯を削りません。

ブリッジ治療 インプラント治療
ブリッジ治療
ブリッジの支台とするために、両隣の歯を削らなければなりません。
インプラント治療
歯の抜けたところにインプラントを埋め込み、人工の歯を被せるので両隣の歯を削ることがありません。
ブリッジ治療
ブリッジ治療
ブリッジの支台とするために、両隣の歯を削らなければなりません。
インプラント治療
インプラント治療
歯の抜けたところにインプラントを埋め込み、人工の歯を被せるので両隣の歯を削ることがありません。

メリット2

メリット2

たくさんの歯が抜けている場合、ブリッジでは残っている歯だけで、大きな噛む力を支えなければなりません。
インプラントなら、本来の歯数で咬合圧(噛む力)をバランスよく負担できます。

メリット3

メリット3

奥歯が抜けている場合、従来の方法では、取り外しする「入れ歯」でした。
しかし、インプラントなら、取り外さないですむため、しっかりと固定されて食事も楽にできます。

入れ歯 インプラント治療
入れ歯
入れ歯を固定する金具などに異物感を感じたり、支えている歯に負担がかかることがあります。
インプラント治療
入れ歯を固定する金具がないので異物感がなく、また他の歯に負担をかけません。
入れ歯
入れ歯
入れ歯を固定する金具などに異物感を感じたり、支えている歯に負担がかかることがあります。
インプラント治療
インプラント治療
入れ歯を固定する金具がないので異物感がなく、また他の歯に負担をかけません。

インプラントのデメリット

インプラントのデメリット

デメリット1

デメリット1

歯ぐきを開いて骨に人工骨を埋め込むことから、手術が必要となります。
手術前にCTを撮影しインプラント埋入シミュレーションを実施することで、リスクを回避することができます。

デメリット2

デメリット2

インプラント体と骨がしっかり結合するのを待たなければならないため、治療に時間がかかってしまいます。骨の増成が必要ない場合、少なくとも3~4ヶ月は必要です。2014年に骨結合度を測定できる「インプラント安定性測定器 オステル ISQ アナライザ」を導入し、より正確に安全に治療を受けていただける体制を整えております。

デメリット3

デメリット3

インプラントは自由診療ですので、費用が高くなります。

インプラント治療費用についてはこちら

デメリット4

デメリット4

失敗率のグラフ

失敗する可能性もゼロではありません(術後にきちんとケアをしている患者さんで成功率95%前後)。
インプラントのトラブル発生は初期と後期が多く、初期のトラブルは外科手術上の失敗、後期のトラブルは金属疲労などによるものが多いです。安定期のトラブルは歯周炎や噛み合わせのコントロール不足で、セルフケアと定期検診の徹底で予防できます。

デメリット5

デメリット5

まだ成長過程にある方、免疫不全や1型糖尿病の方、ホルモン療法や放射線治療などを受けている方など、インプラント治療に不適応な方もおられます。しかし、その多くは生活改善や持病のコントロールで可能になります。詳しくは歯科医師にご相談ください。

インプラント治療の適する方

加藤歯科医院では、次のようなお悩みをお持ちの方に、インプラント治療をお勧めしています。

  • むし歯や怪我などで前歯が欠けて目立つ方
  • 義歯が合わないために良く噛めない方
  • これまでの治療法では、発音、発声が不明瞭で気になる方
  • 義歯への違和感が心理的に強い方

※お口や全身の状態によっては、インプラント治療ができない場合もございます。
詳しくは加藤歯科医院までご相談ください。

ブリッジとインプラントの比較

歯が折れてしまったなどの理由により、抜歯をすることになった場合、その後入れるものとしてブリッジかインプラントどちらがよいのでしょうか?前後の歯は問題ない(欠損部位の隣在歯は健全な状態)という場合、以下のようなデータがあります。

1歯欠損の症例について

ブリッジの支台歯とインプラント補綴の隣在歯の経過を観察した報告
 ブリッジの支台歯抜去 7.2%(12/166歯)
 インプラント隣在歯抜去  2.0%(2/102歯)

ブリッジのほうが数倍リスクが高い。

清木祐介, 他.インプラント部が残存歯に与える影響 第3報 中間欠損部に埋入したインプラントの隣在歯とブリッジ支台歯の予後について(5年経過症例). In : 第37回日本口腔インプラント学会学術大会 抄録集, 2007 : 341.

ブリッジでは支台歯が負担を背負い、インプラントでは隣在歯の負担を軽減するというまったく正反対な補綴法であるために、上記の結果は至極当然といえます。

しかし、インプラントでは支持組織となる骨、そして対合歯の条件を考慮しなければなりません。

欠損の始まりであり咬合支持が十分にある1歯欠損においては、インプラント適用自体のリスクも小さい場合が多く、積極的に適用を推奨することができます。

 

 ブリッジ インプラント 
 1歯欠損の補綴症例(ブリッジ)  1歯症例の補綴症例(インプラント)

※参考書籍
見る目が変わる!「欠損歯列」の読み方、「欠損補綴」の設計
編著  本多正明  宮地建夫  伊藤雄策  武田孝之
クインテッセンス出版株式会社

噛む機能の大切さ

皆さんは補綴(入れ歯、インプラントなど)の有用性を噛めるようになる以外にどのように考えていますか?審美要素もありますが、ここでは糖質代謝との関連性についてお話しします。

 例えば、奥歯を失ったことを考えてみましょう。奥歯がなくなると、軟らかい食材である糖質偏重食(炭水化物:ご飯、パン、麺類などの過剰摂取)となり、丸呑みによる早食い食後の高血糖カロリーオーバーによるメタボたんぱく質・ビタミン低栄養につながってしまいます。さらにたんぱく質低栄養により、骨格筋減少症(サルコペニア)身体能力低下に陥ることになります。骨格筋減少症(サルコペニア)は低下したADLや寝たきりの初期要因です。

補綴治療はこうした状態を改善し、糖尿病などの代謝性疾患に対するきわめて初動的な領域を担っているのです。インプラント治療は顕著に咀嚼機能を向上させるため、数値管理された保険指導との組み合わせで糖質代謝および体組成の改善をすることができます。インプラントは、贅沢品ではなく、最優先医療ともいえます。

※武内 博朗先生のコメント引用

インプラント周囲炎・歯周病は持続性炎症と血管病

全28本の歯(親知らずを除く)の全周に約5mmの歯周ポケットとよばれる潰瘍があると、この傷口は72㎠の名刺サイズの潰瘍面積となります。そして、日々細菌や内毒素など炎症性物質が血管系の中に入り続けて歯原性菌血症が起こります。その結果、慢性持続性炎症が生じ、腫れた歯肉から出る炎症性物質が血糖値を制御するインスリンの働きを阻害するので糖質代謝に悪影響を与えてしまいます。

また数年にわたって血管壁を傷つけ、アテロームと言うコブが作られ、血管が狭くなり、動脈硬化の原因にもなります。インプラント周囲炎予防や歯周病予防は、アンチエイジングの実践であり、血管を守る予防にもなるのです。歯科からの健康づくりのポイントは、お口の中を清潔に保つこと、そして生涯にわたって噛む機能を失わないことです。

※武内 博朗先生のコメント引用