インプラントでいつまでも、楽しく美味しく。
下関 加藤歯科医院 院長 加藤彰

インプラントで自然な笑顔を取り戻しましょう。

歯を失ってしまった場合、従来は取り外しの「入れ歯」や、 両隣の歯を削り、橋を渡すように義歯を装着する「ブリッジ」が主な治療方法でした。

インプラント治療は、人工の歯根(インプラント)をあごの骨に直接固定することで、天然歯で噛んだときとなんら変わらない噛み心地、自然な見た目を取り戻すことができます。

>> 院長プロフィール/院長の予定はこちら

私たちが笑顔でお迎えします!

加藤歯科医院スタッフ一同は、インプラント治療のプロフェッショナルとして、患者様が安心して治療を受けられるよう、明るい笑顔元気に対応します!

>> スタッフプロフィール/スタッフの院内・院外活動実績はこちら

加藤歯科医院の最新技術

X線撮影CT機器「Kavo 3D eXam」 歯科用精密マイクロスコープ/ブライトビジョン滅菌器 治療水の汚れ
より高い精度での治療を患者様へ提供するために、オステルISQアナライザX線撮影CT機器「Kavo 3D eXam」などの最新機器の導入にも力を入れております。
滅菌器歯科ユニットウォーターライン除菌装置ポセイドンなど、様々な機器を用いた安全な治療を行っております。
>> 加藤歯科医院の最新技術についてはこちらから

歯科インプラントとは

インプラント

インプラントインプラントとは、歯の抜けた部分の歯ぐきの中の骨に人工歯根を埋め込んで、その上に人工の歯を装着する一連の治療を言います。 埋め込む場所や条件によって、さまざまなバリエーションがありますので、当医院にお尋ねください。
>> 加藤歯科医院のインプラント治療についてはこちらから

インプラントとMRI

近年、インプラント治療は多くの方々に広く知られるようになってきました。しかし、その一方でトラブルも多く発生しており、安全性・デメリットなどが気になる患者さんもおられるかと思います。中には、「MRI撮影でインプラントは画像が乱れる」ということを聞いたことがある人もいるかもしれません。しかしながら、兵庫医科大学病院の研究によって明らかになっていますが、インプラントが入っているためにMRI画像が乱れることはありません。画像が乱れていたのは、磁性アバットメントによる影響であると思われます。詳しい内容はこちらをご覧下さい。

「MRI検査時におけるインプラント等が及ぼす影響」
兵庫医科大学病院
(城本航 琴裏規子 山下達也 榎卓也 早川まゆみ 坂本清)